Sponser Link

パチンコ店遠隔操作、および遠隔の疑いでの摘発事例。実はこんなにあったんだ!

スポンサーリンク

パチンコ店遠隔操作、および遠隔の疑いでの摘発事例。

最初に

パチンコ店遠隔操作はあり得ないと思っていましたが、過去にボナンザという有名な事件があったので調べてみると実は数件ありました。ニュースの最後には疑いという文言があったりしますが、遊技台をパソコンに接続している時点で十分な捜査対象です。
ボナンザ以外で現在でも営業している店舗もあるので最終的に有罪になったかどうかは分かりませんが逮捕をされているというのは事実です。

遠隔操作の疑いで摘発されたお店が現状でも営業しているところもあるようです。
無罪だったのか?法律の抜け道があったのか..

※この記事は過去のニュースから作成しています。

摘発されたされたパチンコ店

「ボナンザ」事件で遠隔操作のソフト開発者が逮捕

参照元 グリーンベルト https://web-greenbelt.jp/00004301/

元ニュース画像

投稿日:2007年8月10日

神奈川県警察本部生活保安課は7月25日、パチンコ機の出玉を遠隔操作できるソフトを開発して取り付けたとして、福岡県久留米市の自営業の男性(37)、同福岡市の自営業の男性(32)の2容疑者を風営法違反(構造設備の無承認変更)の疑いで逮捕した。読売新聞横浜版が報じた。
県警の調べでは、容疑者らは2006年6〜7月ごろ、神奈川県横浜市のJR横浜駅西口のパーラー《ボナンザ》で、パチンコ機34台に出玉を調整できる不正な基板を取り付けた疑いが持たれている。

2容疑者は大学などで電子情報学を学び、ソフトウェア開発や電子部品設計の仕事に就いており、「(ボナンザの)経営者に頼まれてやった」と供述している。ボナンザの経営者らはすでに逮捕され、同店は摘発後すぐに廃業届を行政に提出し閉店している。

鹿児島のパーラーで遠隔操作発覚

参照元 グリーンベルト https://web-greenbelt.jp/00004029/

元ニュース画像

投稿日:

鹿児島県警徳之島署は1月26日までに、県公安委員会の承認を受けずにパチンコ・パチスロの主基板を不正ロムに交換して設置したとして、鹿児島県徳之島町亀津のパーラー経営会社・新都コーポレーションの取締役ら3人を風営法違反(遊技機の構造・設備の無承認変更)の疑いで逮捕した。1月27日付けの南海日日新聞が報じた。3人とも容疑を認めているという。

徳之島署などの調べによると、3人は共謀して昨年1月ごろ、客を増やして収益を上げる目的で、同社が運営する徳之島町亀津の《パーラーBIG1》に設置していたパチンコ76台、パチスロ10台の主基板などを県公安委員会の承認を受けずに裏ロムなどに交換・設置した疑いが持たれている。容疑者の一人が不正のノウハウを持っていたという。

住民からの通報により昨年12月26日、徳之島署が立入調査をしたところ不正が発覚。遊技機を押収して裏付け捜査を進めていた。パソコンから遊技機などに配線をつないでいたことから、遠隔操作で出玉などを操作していた疑いもあるとみて、捜査を進めている。

パチスロ遠隔操作で初の摘発

参照元 グリーンベルト https://web-greenbelt.jp/00005739/

元ニュース画像

投稿日:

 出玉を不正操作できるようパチンコ台やパチスロ台を不法改造したとして、茨城県警土浦署と県警生活安全総務課は2月28日、風営法違反(無承認変更)の疑いで、パチンコ店経営会社ダイガクコーポレーション(本社・水戸市)社長と同社専務を逮捕した。茨城新聞はじめ、マスコミ各紙が報じた。

 茨城新聞によると、不法改造したパチンコ台を設置した業者が摘発されたのは県内初で、パチスロについては全国で初めてとのこと。調べでは、同社経営店舗のパチンコ機3機種106台、パチスロ機2機種28台に、出玉を遠隔操作でコントロールできる不正な電子部品(ロム)を取り付けてパソコンに接続するなどの不法改造をした疑い。

不正の方法は、各遊技機のロムを不正ロムに交換し、「台コントローラー」と呼ばれる装置を、同じ機種ごとに「島コントローラー」と呼ばれる装置につなぎ、パソコンに接続。同店2階の事務室で、2台のパソコンを使った遠隔操作で、モニターに表示される出玉量などを見ながら、思うままに出玉を調整していたという。

なお、パチスロ機はこれまで、大当たりの抽選方法が複雑なため、遠隔操作による不正はできないものとされていた。

山口県内の経営者ら、遠隔操作容疑で逮捕

参照元 グリーンベルト https://web-greenbelt.jp/00005570/

元ニュース画像

投稿日:2004年9月3日

山口県警察本部生活安全企画課と同萩署は8月13日、遊技機を不正改造し、大当たり確率を遠隔操作によって自由に調整できるようにしたとして、パーラー《MAX萩店》=山口県萩市椿東=の経営者と不正改造に関与した15人を風営法違反の疑いで逮捕、書類送検した。8月14日付山口新聞など各紙が報じた。
調べでは、同社と15人は共謀して03年2月22日から23日ごろまでの間、《MAX萩店》のパチンコ機計88台の主基板のロムを不正改造したロムと交換。店舗内のパソコンと有線で結び、大当たりの確率を自由に変えられるようにした疑い。

同社が防府市と佐賀県鳥栖市で経営する2店舗でも02年から同様の不正改造をしていたという。同社役員や仲介役ら計5人を逮捕、同社を書類送検し、いずれも罰金50万円の略式命令を受け納付した。不正機器の取付業者や遠隔操作用ソフト開発業者ら計10人は8月13日までに山口地検に書類送検されている。

『新海』を遠隔操作、店長ら逮捕

参照元 グリーンベルト https://web-greenbelt.jp/00005527/

元ニュース画像

投稿日:

 京都府警生活安全特捜隊と福知山署では7月21日、風営法違反(遊技機の無償認変更)の疑いで京都府福知山市駅南町、「サンケイ観光」の統括営業部長杉本潤明容疑者(29)と同市堀、同社店長右田大作容疑者(33)を逮捕したと京都新聞電子版が報じた。 調べでは2人は昨年9月下旬ごろ、同市土師のパチンコ店「ローレル」など2店のパチンコ台計146台に出玉率を操作する不正な基板を、府公安委員会の承認を得ずに勝手に取り付けた疑い。府警によると、基板を取り付けたのはいずれも人気機種の「新海物語」で、パチンコ台の一部はパソコンと接続されていたといい、府警は出玉率をインターネットで遠隔操作していたとみて詳しく調べている。

パチンコ店の遠隔操作事件についてのまとめ

パチンコ店の遠隔操作の摘発事例は簡単に調べただけでもこれだけありました。パチンコ店の遠隔操作はすべて摘発されたとみるべきか?氷山の一角なのか…
これらは一番新しい事件でも2007年が最後です。しかし摘発されていないだけでも現状は存在するのかどうなのか?
パチンコ店の遠隔操作を以前は否定していましたがこういった摘発例が数多くあると現状で遠隔操作をしている店は0とは言い切れないと思ってしまいます。

最近のパチンコ店の摘発事例は

釘曲げによる無承認変更

景品の自家買い

そこにパチンコ、スロットの遠隔操作が加わる可能性も0ではないのかも….

【関連記事】

パチンコ店にあるホールコンピューターの役割

パチンコの遠隔操作についてありえないと思っていましたが考え方が変わりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする