減り続けるパチンコ店。遊技客の次は遊技機製造メーカーがパチンコ業界から逃げ出すのかもしれない。

目次

最初に

パチンコ業界の衰退の原因は遊技人口の現象です。遊技人口が少なくなっても、射光心の高い遊技機を提供することで業界の売上は変わらないどころか増え続け結果的に出玉規制が強くなり現状のパチンコ店の閉店ラッシュへと繋がっています。現状ではパチンコ店だけでなく周辺機器のメーカー、ついには遊技機メーカーが倒産という状況にまで追い詰められています。

【関連の過去記事】
老舗パチンコメーカーが倒産。あのメーカーが倒産するなんて?パチンコ業界本格的に終了か!?

 

遊技機メーカーが業界から撤退?

日本でカジノが誕生する可能性が高くなってきています。カジノにはスロットが設置をされていますが、アメリカのカジノで設置してあるスロットマシーンはパチンコ店に設置してあるスロットとは仕組みも出玉率も完全に別物です。
しかし当然ながら日本のスロットメーカーに作れないわけではないので参入することは可能になっています。日本だけで考えるとパチンコ店に販売できる台数よりも遥かに少ない台数になるでしょうが、世界規模で考えると大きなマーケットと言えます。このままパチンコ店のスロットを作り続けても未来がないと考えたメーカーではカジノ用スロットの製造を検討しているメーカーが出てきても不思議ではありません。

 

脱パチンコ産業の動きが一番目立つのはセガサミー?

世界のカジノに設置できるスロットの認可を取得

2022年5月26日にセガサミークリエイションが製造、販売を行うビデオスロットゲーム「Persona 5 for REELS」が試験機関であるGLIの認可を取得したことを発表ししました。
「Persona 5 for REELS」は世界的にも人気がある「ペルソナ5」の世界観を再現したカジノ用ビデオスロットゲームです。

今後、世界のカジノ施設に設置される予定。
■「Persona 5 for REELS」スペシャルムービー
https://www.youtube.com/watch?v=1VrjVn2DCAI

1 2
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次