パチンコで幸せになった人いる?ギャンブル依存症、貯金0、破産、離婚、窃盗などほとんど不幸じゃないの?

目次

最初に

パチンコさえなければ幸せな人生を送れた人がどれだけいたのか?
パチンコをやる人だけでなく、周りの人達まで不幸にしたケースも数多く存在する。
ギャンブル依存、貯金ゼロ、サラ金、借金、貧困、離婚、自○、絶縁、絶交、強盗、窃盗。これらは自己責任ですがパチンコがなければ本当にどれだけの人の人生が変わったんだろうか?

韓国でパチンコは2006年には廃止されていた。

韓国では2000年からパチンコ店(メダルチギ)ができ始め2006年には1万5千店舗まで増えましたが、当時の政治家のスキャンダルを発端に全廃になりました。その時点で業界の売上規模は約3兆円あったということなのでかなりの規模まで成長していましたが、韓国では全廃という選択を選び韓国からパチンコ店は消えました。
全廃の背景にはギャンブル依存症などの問題があり、国をあげてパチンコを危険視したということでもあると考えます。

パチンコで不幸になった話はたくさんある。

ギャンブル不幸になった話は山のようにありますが、一番身近な例としては間違いなくパチンコでしょう。公営ギャンブルである競馬競輪競艇などもありますがそれよりも身近で生活圏にたくさんあるのはパチンコ以外ありえません。そういった意味ではスマホのガチャ課金中毒も同じようなものかもしれませんが….

パチンコにハマって家族をないがしろにして一家離散

パチンコを打つお金欲しさに窃盗や強盗、殺人まで行ってしまう。

とくに遊ぶかね欲しさ、パチンコ代欲しさの犯罪というのは昔から存在します。

1 2
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次