パチンコ店はパチンコ業を諦めて新しい業種を始めるべき理由。新事業を起こさないと業界に未来はない?

目次

最初に

2023年に入ってもパチンコ店閉店ラッシュは止まりません。
下記の店舗一覧は5月に休業および閉店予定のパチンコ店です。休業という体裁をとっていても実際に復活するパチンコ店はほぼ皆無です。これだけのハイペースで閉店が続くということは一部の大手のパチンコ店以外はパチンコ業としての継続は難しいということを表しているのかもしれません。

 

2023年5月閉店・休業店舗

『バージン総社店』(岡山県)
『コトブキプラス与野バイパス店』(埼玉県)
『ウイング玉島店』(岡山県)
『DREAM-1』(広島県)
『WASUKE東口本店』(神奈川県)
『パラダイス』(大阪府)
『G-ONE丸の内』(香川県)
『M&K一色店』(愛知県)
『MARUMAN23』(愛知県)
『マルハン川中島店』(長野県)
『ウインベルウエスト』(東京都)
『ロックファイブ』(東京都)
『エムズ本店&プレミアムライト』(大阪府)
『パーラーダイコクSUN』(東京都)
『キコーナ千里店』(大阪府)
『三徳ホール』(東京都)
『吉兆横浜鶴見店』(神奈川県)
『マンモス出雲店』(島根県)
『バンバン本店』(神奈川県)
『ビーデル千葉成東店』(千葉県)
『ミクちゃんアリーナ学園南店』(兵庫県)

現在、営業しているお店であっても数年内の閉店を視野にいれているお店も数多くあるはずです。このままパチンコ店として経営を続けるよりも他の道はないのか?
そんなパチンコ店向けの記事です。

1 2 3
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次