弱肉強食が続くパチンコ店の現在。好調なお店と倒産寸前なお店の落差が激しい2023年の遊技産業事情

おススメの商品

created by Rinker
¥2,100 (2024/04/19 12:19:00時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥581 (2024/04/19 09:33:07時点 Amazon調べ-詳細)
目次

最初に


色々な記事で書き続けていることなんですが、パチンコ店店舗数は減り続けています。そしてパチンコ店の閉店とは別問題としてパチンコ店経営者も減り続けています。
パチンコ店の数が減っているんだからパチンも店経営者も減るのは当たり前じゃないのかという意見もあると思いますが、それだけではなくパチンコ店の閉店がなくても経営者が減る理由があります。今回はそのことについて書いていきます。

 

2022年12月末時点のパチンコ店舗数とパチンコホール経営企業について

年度 パチンコ店舗数 パチンコホール経営企業
2018年12月 9794店 3244社
2019年12月 9386店 3003社
2020年12月 8778店 2798社
2021年12月 8139店 2577社
2022年12月 7365店 2347社

これは株式会社矢野経済様が調べたデータです。
引用元 https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/3225

店舗数が減れば当然ながら経営企業も減るのですが、減った店舗数と経営企業は同数にはなりません。当然ながら複数店舗を経営している企業があるからです。そこで気づいて欲しいのですが経営企業=経営者数という図式にもなりません。経営者一人で複数の経営企業の代表になっていることがあるからです。それではパチンコ店の経営者は何人ぐらいいるのか?

実は経営者数を記した資料を見つけることはできませんでしたが株式会社矢野経済様調べによると資本や経営者などで関連する企業を集約した企業グループ数は1,618グループということなので最低でも1618人はいるものと思われます。

1 2 3

おススメの商品

created by Rinker
¥581 (2024/04/19 09:33:07時点 Amazon調べ-詳細)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次