衰退するパチンコ業界に残る人、去る人。2024年も続くパチンコ店の閉店ラッシュについて

目次

最初に

2024年時点でもパチンコ店斜陽産業で日本中からパチンコ店はどんどん減っています。当然ながら給与水準も全国的に下降傾向でパチンコ店アルバイトは高時給、パチンコ店幹部は高給をもらっているというのも遠い過去の話です。
そんなパチンコ業界退職事情について記事にしていきます。

パチンコ店の時給について

4号機全盛の頃は1500円~2000円という店も存在をしていましたが、パチンコ業界自体が衰退の真っただ中であること、パーソナルシステムの普及により重たい玉、重たいコインを運ぶ必要のないお店が増え作業が軽減されたことによりコンビニと同じくらいまで時給は下がり、わざわざパチンコ店でアルバイトをする理由というのはなくなってきました。

これは東京都23区のパチンコ店です。時給は1350円からとなっていますが、誰でも2000円の高時給スタートと煽っていますが、実際にもらえる基本時給は1350円というところでしょう。

 

これは同じ23区内のアルバイト求人ですがパチンコ店よりも高く、様々な業種でもパチンコ店が高いということはなくなっています。

 

パチンコ店でアルバイトをする理由

さて、パチンコ店でアルバイトをする人の大きな理由として高い時給というものがありましたが近年ではそうではないことが分かりました。高い時給が目的ならば他にも沢山の選択肢があるのが今の世の中です。

 

なぜパチンコ店でアルバイトをする人たちがいるのか?

これは普通のアルバイトに比べてあまり厳しいことを言われなかったり、好きなパチンコスロットを近くで見ながら仕事ができるという点にあります。その為、接客態度や服装、髪型や勤務態度に厳しいお店であれば、楽だということが目的で真面目に働く気がない人はすぐに退職してしまいます。

1 2
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次