パチンコ店が日本に必要ですか?という質問に必要と答えない人が増加。社会に不必要ならパチンコ店は日本から消えるしかない

目次

最初に

パチンコもスロットも遊ばない人にパチンコ店日本必要?という質問をすると誰も必要と答える人がいませんでした。パチンコやスロットで遊ぶ人なら答えは変わるかもしれませんが、パチンコもスロットも遊ばない人の価値観では日本パチンコ不要という認識です。

2024年現在でも遊技人口は減り続けています。非遊技者がパチンコを不要と考えているということは遊技人口が減ることに比例して社会から「パチンコは不要」という認識を持っている一般人が増え続けているということになります。これはパチンコ産業にとって致命的かもしれません。
社会に不必要と思われてしまえば、市場から退場するしかないのですから….

パチンコ産業は日本の経済や社会にどのような影響を与えているのでしょうか。

パチンコが日本社会に与える好影響、悪影響については一概には言えないと思いますが、以下のようなメリットが考えられます。

税収のメリット

パチンコ業界は脱税をしてるというイメージがありますがそれは一部の経営者の話です。実際には国や地方自治体に多額の税金を納めており2022年度のパチンコ税の収入は約1兆円と推計されています。これは消費税や法人税に次ぐ規模です。

雇用のメリット

パチンコ業界には多くの人が働いています。これは雇用を生み出して社会に貢献しているとも言えるでしょう。2022年度のパチンコ店で働く従業員数は約30万人と推計されており、パチンコ台の製造や販売などの関連業界も含めると約100万人いるとも言われています。また、

娯楽としての存在意義

パチンコ業界はパチンコという娯楽を提供しています。2022年度のパチンコホールの来店者数は約1億人と推計されており、映画やスポーツなどの他の娯楽と比べても遜色ない人気と言えるかもしれません。しかし業界全体が衰退している現在、様々なコンテンツや技術を取り入れ遊技の多様化や魅力化に努めています。

1 2
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次