スポンサーリンク
Sponser Link

公然の秘密。一部の晒し屋と店舗はグルになって広告宣伝規制を無視してるのか!?

晒し屋とは

ホールのイベントなどをTwitteraなどで情報発信する人たちのことです。ただ正確な人数は分かりませんが、個人もしくは広告代理店が運営しているアカウントでパチンコ店から情報とお金をもらって特定のホールを宣伝している人たちも多く存在します。

Twitterのユーザー名に晒し屋が入っている人たち
https://twitter.com/search?q=%E6%99%92%E3%81%97%E5%B1%8B&src=typed_query&f=user

パチンコ店の広告宣伝規制

風適法第16条において「風俗営業者は、その営業につき、営業所周辺における清浄な風俗環境を害するおそれのある方法で広告又は宣伝をしてはならない」と規定されています。

広告及び宣伝等に関する規制の概要としては

入賞を容易にした遊技機の設置をうかがわせる表示
(例:甘釘、天国調整、モーニングサービス、イブニングサービス

大当たり確率の設定変更が可能な遊技機について設定状況等を示す表示
(例:設定○大量投入、朝一高確率スタート)

商品買取行為への関与をうかがわせる表示
(例:○円交換、等価交換)

遊技客が獲得した遊技球等の数を示し、これに付随して景品買取所における買取価格等を直接的又は間接的に示す表示

著しく多くの遊技球等の獲得が容易であることを示す表示
(大放出○万枚、万枚オーバー、積み上げている玉箱の写真を撮るなど)

こういったものを具体例に挙げて規制をしています。もともとは4号機のスロット全盛の時期にスロット高設定公開イベントや甘釘祭りなどパチンコ店がやりたい放題のことをやって規制されたというのが過去の罪による罰です。

「釘問題」釘確認シートは何の改善にもなってない。せめて警察の新台検査の時ぐらいちゃんとしよう。

脱法的な広告宣伝手法

少し前に流行ったのがライター取材などです。一部の県では禁止をされていますがスロ○チステーションが某店に取材を行うなどという口実でイベントのようなことをしていました。東京都内では事前の告知はNGとなっています。

しかし一般人が勝手に店のイベントなどを告知するのはどうなんでしょうか?

一般人が勝手にツイートしているのを警察は取り締まれるのでしょうか?業界人ではなく一般人です。非常に難しいとしか言えません。そういった隙間を縫った脱法的な広告宣伝がパチンコ業界で広まってきました。

「バジリスク絆 全台56」

「一部ジャグラー 設定6のみ」

こういった露骨なツイートがあったとしてどうやってその晒し屋はこの情報を事前に知ったのでしょうか?どう考えてもおかしいです。

答えはホールから情報とお金をもらってSNSに情報発信しているとしか思えません。みんなその不自然さを知っているからタイトルにも「公然の秘密」とつけています。

一ツイート2000円~30000円といった噂もありますが、明らかに適当に告知しているお店と圧倒的に情報量があるお店との違いが分かります。おそらく後者はお金と情報をもらってやっていると思われますがあまりに露骨だとまずいので煙幕的に他店も晒していると思うのが自然です。晒し屋を使ってもパチンコ店が求める優良顧客ではなく軍団や高設定乞食を集めるだけで全く店側にメリットはないと思われますが、経営者ではなく店長レベルでは集客できたのでアピールできたということなんでしょうが将来的に全くメリットがない顧客をお金を使って集めようという時点で末期的な気がします。

むしろこの行為は設定漏洩に近いんではないかと個人的には思っています。

最近、パチンコ店でスロットなどの設定漏洩事案が頻発している理由

広告宣伝規制違反への処罰

広告宣伝規制へ違反した場合に処罰には色々とありますが、お金支払って広告宣伝を無視するような手法は悪質ということで最大限の処罰を与えるべきだと思います。そしてこれは当然ホール側だけでなくお金をもらって一般人を装って晒し屋をしている一部の人たちにも適応されるべき事柄です。
無関係を装っていますが、そこには金銭の支払いが存在しています。パチンコ店が帳簿に載らないお金を現金でだけ渡していれば証拠は残りにくいかもしれませんが帳簿に載らないお金という時点で脱税など別の犯罪の匂いがしてきます。
お金の流れを追っていけば関係者は分かりますし、中にはもらったお金を申告せずに活動している人たちも多いと思われます。

そういった人には広告宣伝規制以外にも罰則がつくでしょうからぜひこの件は警察には徹底的にやってほしいと思います。ここまで広告宣伝規制を無視されて警察が大人しくしているというのは警察とパチンコ店がグルだというイメージを強めてしまいます。あくまでも警察は法律の中で定められてたパチンコに対する風俗営業の管理、監督を果たしているだけですがどうしても法律を守らない連中が増えてくるとグルになって見逃しているといわれがちです。そうならないためにもここで一度、脱法的な広告宣伝規制無視に対して強硬な手段をとってほしいと思っています。

まとめ

ここまで記事を書きながら思ったんですが、警察や法律を無視するような状況になったパチンコ店、パチンコ業界には本当に未来がないと思っています。風俗営業は決められたルールの中で節度を守って営業することが必須なんですが最近、パチンコ業界のかなりの人たちがそういった部分を軽視して利益を追求してきたような気がしてなりません。従業員と会社を守る為と言い訳しながら利益を上げる為なら何でも許されるならパチンコ業界は日本の為に早く消えるべきだと思っています。本当に従業員の為ですか?役員報酬は一切下げずに正社員の手当を減らしているお店がたくさんあることを知っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする