Sponser Link

次世代遊技機スマートスロット(通称 スマスロ)の発売決定… 閉店するパチンコ店も明確になる。

スポンサーリンク

最初に

ついに次世代遊技機であるスマートスロットの発売が正式に決定しました。
6号機ではスロットの未来はないということでしたが6.1号機→6.2号機→6.4号機→6.5号機と少しづつ規制が緩和されてきました。特に6.5号機の犬夜叉は2万枚オーバーの報告が出ているということで、パチンコ業界、スロッターの間では話題になっています。

5号機では2万枚出ることが問題になりスロットには様々な規制が入りましたが、やはりどんなに規制をしたとしても射幸心を煽るために抜け道を探り続けた結果、こういったギャンブル機が再度登場することとなってしまいました。

さてそんな中で6.5号機よりも規制緩和されたスロットが登場することが決定しました。

スマスロことスマートスロットの登場です。

【パチサミ公式コラム】

パチスロと法律(風営法・風営法施行規則・遊技機規則など)

スマスロのスペックについて

スマスロの出玉規制緩和のポイントとしては

有利区間の撤廃 これが一番のポイントです。

例えばですが、6.5号機の場合は3000枚吸い込んだところから出た場合には差玉で+2400枚なので最大で5400枚出る可能性があります。しかし実際には大当たりを引いていても有利区間ゲーム数が終わりとりきれない可能性があります。

しかし6.5号機に関しては有利区間ゲーム数の上限がありませんので大当たりが終わるまでATやARTが継続しますので、とりきれないということがなくなりました。これが出玉性能に関する一番のポイントです。

この点に関しては、私の考えすぎなのかもしれませんが、営業時間外に設定Lのような出玉率が低い設定を自動打ち込み機で打ち込んで大きくマイナスにしておく。

有利区間のゲーム数は撤廃されているので設定変更時以外有利区間は途切れさせないとしておけば4号機レベルの出玉性能が可能になるのではないかと心配しています。

出玉情報の管理と監視ですが営業時間中以外はデータ収集も送信も行わないというのであれば可能ではないかと疑ってしまいます。

【関連の過去記事】
未確認情報ですがスロット6.5号機と7号機のスペックのようです。なぜこんな機密情報がSNSで流れるのか?

以前、SNSで拡散された情報ですが、ほぼ正しいことが立証されてしまいました。

その他の変更点について

出玉性能以外の変更点では

メダルレス化

コンプリート機能(打ち止め)

出玉情報のデータ 一元管理化

というものがあります。このあたりについて思うことはメダルレスにすることで、感染症対策になりますしセレクターエラーやホッパー詰まりもなくなりさらにスタッフ数を減らすことが可能になります。個人的にはそうやって遊技業で働く人の数が減ることで行政はパチンコ業界を潰しやすくなるのではないかと思うのですがそれはまだ先の話です。

スマスロは人気が出るのか?売れるのか?

これが一番、パチンコ店関係者にとって大事なところです。現状ではスマスロよりも出玉性能が低い6.5号機でも軒並みプレミアム価格になっています。

一時期は犬夜叉なども300万円近い価格がついたということですが、スマスロの発売日が決まり連日大きく値を下げており150万円ぐらいまで落ちています。しかしそれでも定価が50万円前後ということを考えれば十分な人気台でプレミアム価格といっていいでしょう。そう考えればスマスロは導入するしかないはずです。

スマスロは弱小店を潰す。閉店ラッシュを加速させる。

当然ですが、スマスロは今までのスロットと違い貸玉機も変更する必要もありますしデータの一元管理の為のランニングコストを支払う必要があります。そうなると当初の設備投資はかなりのものになるでしょう。

結果的に資金に余裕のない弱小店舗は人気台を導入することができずに周辺の競合店に顧客を奪われ、さらに衰退して閉店を迎える可能性が高くなります。

「人気がまだ出るかわからんない」

「どうせすぐに人気はなくなる」

といった言い訳をしてスマスロを導入しないお店に勤務している場合は、退職して別の会社に転職することをオススメします。待遇は今以上に良くなる可能性は皆無でしょうし、下手をすれば簡単に切り捨てられます。今回のスマスロの導入をよく観察してみてください。

近いうちに閉店するパチンコ店がよく分かると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする