2024年5月現在のパチンコ店の数は何店舗なのか?健全化推進機構の数字とパチンコ店の不正チェック方法について

目次

最初に

パチンコ店は様々な要因により閉店ラッシュの真っただ中でどんどん数が減っています。少し前に2024年時点のパチンコ店の店舗数を調べた記事を書きました。

【過去記事】
2024年もパチンコ閉店ラッシュは加速する。6000店舗を割り込む可能性が高い理由

この記事は参考資料として全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)への登録店舗数を参考にしたのですが、それよりももっと正確な数を常に最新にしてくれている組織がありましたので今回はそれを参考に記事にしていきます。

 

2024年5月末時点でのパチンコ店舗数は6,866店

このパチンコ店の数は遊技産業推進化機構のホームページに記載されている数字から出しています。

遊技産業健全化推進化機構 公式ホームページ https://www.suishinkikou.or.jp/index.php

遊技産業健全化推進機構は「安心安全な遊技環境の整備を図り、身近で手軽な大衆娯楽としての基盤を確立して、もって遊技産業の健全な発展に寄与すること」を目的として2006年に設立されました。 当初は有限責任中間法人として設立され、2008年12月1日に一般社団法人となりました。このホームぺージには誓約書の提出を行った店舗数が表示されているのですが、先月閉店したばかりのパチンコ店が誓約書提出店舗から消えていることを考えると、かなり更新が早く正確なことが分かります。

全パチンコ店から不正排除の誓約書の提出をさせており誓約書を提出しているパチンコホールには定期的に立ち入り検査に入っています。誓約書を提出していないホールは怪しいことをしているパチンコ店と疑われるため、ほぼ全てのパチンコ店が提出していると言われています。

※不正排除の誓約書とは?不正排除活動の趣旨に賛同し恒常的な不正断絶に取り組むための諸事項の遵守を制約する誓約する誓約書

パチンコ店への立入検査を行う都合上、最新の店舗リストを常に持っておく必要があるので更新も早く正確なのだと思われます。

 

遊技産業推進化機構が行っている不正のチェック項目について

推進課機構が立ち入り検査に入った際にチェックする項目は以下のものです。

これはパチンコやスロットに関するチェック箇所です。基本的に遊技機の基盤などに手を加えられていないかのチェックです。これは店舗側、もしくはゴト師が手を加えることで遊技者が不正な遊技機で遊技者の不利益につながっていないかの確認になります。

 

これは計数機のチェック表になります。大昔はスロットやパチンコの計数機に関しての不正が相次いだ為にいまだこのチェック項目があります。しかし現状ではスロットの場合であれば正確な獲得枚数が表示される場合が多いので、もしもその枚数と誤差があるのなら計数機での不正、もしくはトラブルが起きているということが即座に分かるので正直、この項目にどれだけ意味があるのかは疑問です。意味があるとすればパチンコの計数だとは思いますが、現状で巧妙化している各台計数機の不正の場合、カットするのは大当たり中の計数など分かりにくいポイントでカットするという噂もあるので前時代的なこのチェック方法では意味がないと言えるでしょう。

 

遊技産業推進化機構の立入検査項目の時代遅れについて

推進機構が行っている不正排除の立入検査ですが、個人的にはずさんとしか言いようがありません。基盤のチェックなどは評価しますが、最新の計数機不正に対応していないチェック方法、そして一番パチンコ店で行われている不正行為である「釘調整」については調べるという意思すら感じず容認しているのではないかと思うほどです。
パチンコが保通協通過時とパチンコ店への設置時で釘調整の違いがあり、大問題となったことでCR機からP機への移行が行われたのが10年以内の出来事です。下記がその釘確認シートです。このシートは透明なものなので丸の範囲からでればアウトということになります。ただ不思議なのが、命釘や他入賞口に関しては黒丸になっており、少々の釘調整をしたとしても分かりにくくなっています。これはメーカーとパチンコ業界団体との間で決められた妥協点なのかもしれません。

検定を通過した状態の台を打てることが健全な風俗営業であり。釘調整を行われ健全と言えない状態のパチンコ台ふが放置されている現状を考えると遊技産業推進化機構はその趣旨を実行できておらず、単なる天下り団体なのではないでしょうか?

まとめ

パチンコ業界は年々厳しくなっています。減り続ける売上、粗利、客数をカバーする為に、ストレスばかりで楽しいと思えないほどの極悪釘調整、低貸コーナーの廃止などをしていることもその要因だと思います。スマスロなどが人気ですが、4号機の時のようにお客の財布を痛めるだけ痛めて退場させる遊技とは縁遠いスロットだと思います。

話は脱線しますが遊技を健全化するというのであれば、まず釘調整をチェック項目に入れて確認をするべきではないでしょうか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次