Sponser Link

スロットの規制緩和?釘調整の合法化?広告宣伝規制の解除?絶対に許してはいけない理由

スポンサーリンク

スロットの規制緩和?釘調整の合法化?広告宣伝規制の解除?絶対に許してはいけない理由

最初に

なぜスロットは4号機から5号機になりそして6号機まで規制が続いたのか?それはパチンコ業界が規制についてなんの反省もしていなかったからです。
これはパチンコ店遊技機メーカー業界団体全て同罪だと私は考えています。

スロットが厳しく規制された理由

ことの発端は最初にサブ基盤制御でのAT機能ART機能、そしてボーナスのストック機能を搭載した大量出玉を獲得できるスロット機から始まりました。そしてスロットの歴史に残るミリオンゴッドの登場となります。

GOD揃いで一撃5000枚ということで最低でも10万円の出玉が確定します。

しかし抜け道を使って検定を通過したスロット機ということで検定取り消しという前代未聞の事態に発展しました。この頃の爆裂機と言われるスロットは20万円を投資してもそれ以上取り返せる可能性がある連チャン機でした。世の中ではスロットにハマりすぎて消費者金融でお金を借りて返せなくなる若者の自己破産が社会問題になりました。

私はこの事もあり消費者金融グレーゾーン金利完全に違法になり過払い金訴訟消費者金融パチンコ業界のとばっちりで消費者金融壊滅したとさえ思っています。実際に借入額を抑制する総量規制ではパチンコ店の売上が大幅に落ち込むというデータとセミナーについての資料を今もネットでは見つけることができます。

当然のことですが1万円しか取り返せない機械に10万円を突っ込む人はほとんどいないでしょうし、投資額に関しての抑えがきくようになります。そういった意味ではギャンブル性を抑えたスロットというのは依存症や身の程を越えた借金の抑制に繋がるはずです。

しかし実際には4号機から5号機に移行しても出玉性能の追求は変わりませんでしたし5号機のミリオンゴッドも高射幸性遊技機という扱いになり、それ以降のスロットは5.9号機という区分が登場して2400枚の上限が設けられることになったのは有名な話です。

スロットが6号機のままではパチンコ店がやっていけない潰れてしまう。と言っていますが元々、そこまで規制されるようになったのはパチンコ業界がギャンブル性を追求しすぎた結果と言えるので自業自得ではないでしょうか?

そしてパチンコ店が減った今、メーカーも残り少ないパチンコ店に台を売る為に高い出玉性能を持った遊技機を開発しようとすることは間違いありません。規制を緩和するということはその動きを加速させるでしょう。

それがスロットの規制緩和をさせてはいけない理由です。

下記はパチンコやスロットの型式試験を行う通称「保通協」です。

一般財団法人 保安通信協会 https://www.hotsukyo.or.jp/examination.html

釘調整の合法化を反対する理由

現在の遊技機釘を含めて保通協という機関の検査を通過しています。その為、釘を調整するということは検定の検査を無意味にするとも言えますし新たな抜け道を作ることになりかねません。例えば、検査の時は釘が邪魔していて通らない入賞口があり、営業時には釘調整をして通るようにして連チャンの契機にするということもできる可能性があります。

また客がほとんど負ける性能のパチンコ台を設置することが合法的に可能になるということでもあります。今は釘調整は違法なのでそれぞれのパチンコ店が最低限の節度を持って違法な釘調整を行っているという現状ですが釘調整合法化ならどこまでも釘を締めることが合法になってしまいます。

パチンコ店業界の終わりが近い話

パチンコ店の最盛期はスロット4号機の時代です。等価交換が主流でありながら大幅に売上、粗利をあげて20000店近いパチンコ店が日本で存在をしていました。しかしパチンコ店の売上が上がるということは客がたくさんの金を使っているということです。そして遊技人口が増えているならば消費金額は変わっていないといえるでしょうが、どんどん遊技人口が減っている状況で売上が上がっているということは一人当たりの消費金額が上がったということでもあります。

遊技人口がここまで減っているなかで射幸心を煽るような遊技機が登場すればどうなるのか…

昔のパチンコ・スロットのファンが戻ってきてくれる?

一時的にはあるかもしれませんが、それが続くことはおそらくあり得ないでしょう。依存症を抱えた人が破産する可能性が増えるだけだと思います。現状の規制の中で遊技人口を増やす努力を諦めて、高射幸な遊技機を追求する規制緩和に希望を見いだすならそれは間違いなく遊技業ではなくギャンブル業です。

三店方式による換金という抜け道は完全に塞いでしまって、一般景品以外への景品交換ができなくなれば、射幸心は完全になくなり健全な遊技だといえるでしょう。そうなれば私もこのブログの活動を終了します。

このブログではパチンコ店の三店方式による換金に反対します。

【読んで欲しい関連記事】

公然の秘密。一部の晒し屋と店舗はグルになって広告宣伝規制を無視してるのか!?

「釘問題」釘確認シートは何の改善にもなってない。せめて警察の新台検査の時ぐらいちゃんとしよう。

パチンコ店の釘問題と釘調整そして等価交換と非等価の問題について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする