パチンコ店が行うマニアックで違法な不正

パチンコ店が行うマニアックで違法な不正

パチンコ店での不正として有名なのが

・計数機カット

・遠隔操作

といったものがよく言われますが、実はあまり知られていない隠れた不正としては発射玉数の不正というものがあります。
パチンコ玉の打ち出しは1分間に100発と決められています。しかし、もしも1分間に110発の玉が打ち出せたらどうでしょうか?10分間で1000発、4円パチンコなら4000円分の玉が打ち出されますがそれが1100発となると、4400円分の球が打ち出されることになります。玉は実際に打ち出されているので客側の勝率は下がったりしないのですが、時間に対して使用する金額が大きくなります。
パチンコ店がたとえば9:00~23:00の営業場合の場合14時間営業ですが、その時間内でも
1割の売り上げを多く上げることができます。
1時間店で時間をつぶそうと思った場合、通常の消費金額が¥10,000円の場合¥11,000円と
1割多く使わされる可能性があります。

ネットで探してみましたが実際の検挙例はないようですがそういった不正もありえるといったことを思えておいてください。もしも暇ならば1分間のタイマーをセットして玉数を数えてみると安心できるかもしれません(笑)

あまりにマニアックな不正なので紹介しているブログってこのブログしかないんじゃないかと思います。

反パチ同盟 をよろしくお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする