未撤去1店舗が改善勧告に従い都内の高射幸性パチスロ機が完全撤去となったそうだがその理由

未撤去1店舗が改善勧告に従い都内の高射幸性パチスロ機が完全撤去となったそうだがその理由が

最初に

東京都遊技業協同組合は9月29日の定例理事会で、組合員のパチンコホールから高射幸性パチスロ機が撤去され東京都内から高射幸性パチスロ機は完全撤去されたことを報告したそうですが…..

「は!今さら何言ってんだ!おかしいだろ」

としか思えないその理由について説明します。

【参考記事】参考サイト グリーンベルト

都内の高射幸性パチスロ機が完全撤去、未撤去1店舗が改善勧告に従う

ミリオンゴッド‐神々の凱旋‐の設置はもともと違法ではない

もともと感染症の影響で全ての遊技機の検定・認定が1年間延期されました。延期される前に切れた遊技機は検定や認定が切れたことになり設置は違法でしたが、それ以外は適法になります・ただ高射幸性遊技機と言われるものは以前から問題視されていることもあり、

業界団体の取り決めでは当初の認定切れを撤去日と自主規制をしていました。

これは自主規制なので設置は違法ではありません。ただ業界団体の取り決めでは撤去と決まっていたので問題視されましたが一部のホールでは売上が欲しい為に無視して設置を続けていました。

いつまでミリオンゴッド‐神々の凱旋‐は合法で設置できるのか?

これは県によって誤差があるので一概にはいえませんが、ミリオンゴッドの認定切れは2020年11月16日でした。遊技機の検定・認定機期限が1年間延長されたので2021年11月15日までが合法で設置できることになります。

11月15日以降の設置は「みなし機」になり違法になります。

※県によって多少の誤差があります。

【参考記事】

高射幸性遊技機の再導入と再導入されないスロットについて

まとめ

9月29日の定例理事会で東京都遊技業協同組合が組合員のパチンコホールから高射幸性パチスロ機が撤去されたと報告したとありますが、決して組み合の指示に従ってというよりも違法になる撤去期限が近付いてきたのでギリギリに撤去してイメージを悪くするよりは少し前に撤去しておこうという思いがあったんじゃないかと思えます。

そう考えると業界団体のコントロールや自主規制なんてのはあてにできず今後も法律によってのみ規制できるのがパチンコ業界なんだと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする