不正基盤を取り付けられた危険性があるパチンコの機種と理由を説明します。

不正基盤を取り付けられた危険性があるパチンコの機種と理由を説明します。

最初に

しばらく前からパチンコ業界である話題が出てきました。それは

画像参照元 P-world様

P Re:ゼロから始める異世界生活 鬼がかりver.M08の不正基盤の話題です。

「P Re:ゼロから始める異世界生活 鬼がかりver.M08」不正基板が広島県のパチンコホールにて不正基板が2台摘出されたということです。ただ当然ながら今回発見された不正基盤が取り付けられた遊技台が2台だけで済むわけもなく全国的に存在しているとみるべきでしょう。今回はその件について書いていきます。

不正基盤とは?

一般的な不正基盤とはゴト師が出玉を不正に出すための基盤と遠隔操作をする為の基盤画あると言われています。最近では遠隔操作をする為の不正基盤という話は聞きませんが、遊技台に取り付けられれた不正基盤というの定期的に情報が入ってきます。

今回もX(旧Twitter)で情報が上がっていますが

ポストが消えた時の画像保管庫です。 ここ

こういったものが取り付けられています。今回見つかった基盤はTYが高いものだったそうですが、ゴト師が頻繁に来て出していたのでそういったことになっていたのではないかと個人的には予想しています。基本的には普通に遊技する客が負けてゴト師が出すことで通常の出玉率にするのですがゴト師が稼ぐネタがなく設置店に集中した為にこういったことになったのではないかと疑っています・そうでなければ客側が一方的に得をする不正基盤を取り付ける意味はあるでしょうか?

もしくは不正基盤が見つかったことでRe:ゼロから始める異世界生活 鬼がかりver.の稼働が下がることを懸念して意図的にそういった情報を流したのではないかとも疑います。

一般客が勝ちやすい基盤を苦労して不正に取り付ける理由がゴト師にはありません。

なぜ今回Re:ゼロから始める異世界生活 鬼がかりver.から不正基盤が見つかったのかという理由ですがこれは簡単です。長期的な人気台なので検定3年、認定3年の計6年間ホールに設置される可能性が高く不正基盤を開発、製造、取り付けをしたとしても利益が出る可能性が高い為です。これがもし設置から6ヶ月で撤去されるような台ならば開発、製造をしても赤字になる可能性が高いでしょう。その為、新台から数か月経過して長期人気台になるのが確定したような台に関しては不正基盤が取り付けられる可能性というのは高くなってきます。

現状他の機種で言えば

新世紀エヴァンゲリオン~未来への咆哮~

PF 機動戦士ガンダムユニコーン

このあたりが長期設置機種かつミドルスペックで大量出玉が出ても疑われにくい王道不正基盤設置候補というべきでしょう。

誰が不正基盤を設置するのか?

これに関してはほとんど確定していますが、摘発をされた例というのはほとんどありません。多くの場合、犯人は下記のどれかでしょう。

●ゴト師集団(営業中)

●パチンコ店の従業員

●中古機流通業者

●悪質な不正発見セキュリティ会社

昔は営業中にゴト師がパチンコ台やスロット台を開けて交換するという手法が昔はありましたが、最近では主基板を交換したり、中継基盤の取り付けがほとんどなので現在ではほとんどありません。

ほとんどが中古機流通業者もしくは従業員による不正がほとんどなのが現状です。

特に従業員に関しては給料などを不当に下げられて不満を持っていたり、今後の業界への不安で少しでもお金を持っておきたいという考えから不正に及ぶことが多いようです。

パチンコ店で懲戒解雇が相次いでいる?「横領」「設定漏洩」閉店が相次ぐパチンコ業界の末期

不正基盤(遠隔操作)の存在について

下記はパチンコ店の遠隔操作についての過去記事です。

パチンコ店遠隔操作、および遠隔の疑いでの摘発事例。実はこんなにあったんだ!

パチンコの遠隔操作についてありえないと思っていましたが考え方が変わりました。

嘘ばかりの情報なので真実はです。パチンコ店にあるホールコンピューター、通称ホールコンの役割は遠隔操作ではありません。

これらを読んでいただいた後での話になるのですが、現状パチンコ店はどこも経営状況が厳しい状態です。昔であれば遠隔操作ができるならば当てる為と思っていましたが、現状で遠隔操作ができるなら利益をとる為に遠隔操作をすることが考えられます。

また罰則が厳しいので遠隔操作は2023年時点では考えられないと思っていましたが、潰れるか生き残るかの瀬戸際の場合は営業許可取り消しというのは些細な問題なのかもしれません。
そう考えれば以前に比べて遠隔操作の可能性は高くなったと考えます。

また遠隔操作用の不正基盤が取り付けられるならゴト師と同じように利益が見込める長期設置機種の可能性が高いので上記の3機種は要注意かもしれません。

まとめ

パチンコ店に1度新台として導入されてしまえば警察が再度検査することはありません。あるとすれば認定を受けた際の検査ということになるのでしょうが番号の確認など簡易な検査なので不正基盤が取り付けられていても発覚しないでしょう。

そういったことを考えると完全に不正基盤が取り付けられていない可能性があるのは新台の時、もしくは不人気台だけということになるかもしれません。

長期設置の主力人気機種というのは不正基盤が取り付けられている可能性を考えると安心して打つことが出来ないのが現状でしょう。

この記事にはプロモーションを含む場合があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする